Items list related to space exploration

This list shows the items related to the space exploration we have identified as of 2017/06. If there are items we should add, please let us know, and we will update the list.

Item List

Space Rocket and Spacecraft

Space Rocket and Spacecraft
This list shows the items related to the space exploration we have ide...
  • SpaceX Falcon9 + Dragon
  • SpaceX Falcon heavy + Dragon Crew or Dragon Cargo
  • SpaceX Falcon heavy + Dragon Red to Mars (planned in 2018)
  • SpaceX Grasshopper Rocket (Reusable version of Falcon9 1st rocket)

  • NASA Ales I + Orion to ISS with 6 persons
  • NASA Ales V + Orion to Moon with 4 persons
  • NASA Delta IV heavy + Orion
  • NASA Space Launch System + Orion to Mars
  • NASA Space plane X-37B

  • Boeing CST-10 Star liner to ISS with 7 persons or cargo
  • Orbital Science Antales + Signus with cargo to ISS
  • Blue Origin Rocket New Glen or New Shepard with reusable rocket
  • Ciera Nevada Atlas V and Dream Chaser
  • World View Enterprises, Baloon

Engine

  • Ion thruster
  • Solar sail

Space Suit

  • NASA model 40 years old
  • Boeing

●参考:耐Gスーツ
Gメータ

●耐放射線、

Space Law

<宇宙法>
・宇宙環境の保存
・宇宙物体による損害責任
・紛争の解決
・宇宙士の救助、
・外宇宙の危険情報
・宇宙に関係する技術の使用
・国際協力

Space Accident

<宇宙事故>
○スペースシャトル
○ソユーズ
○SpaceX
○航空機

Space Immigration issues

<移民問題>
○無重力
○視力
○放射線
○生殖
・地球を離れた宇宙飛行士、心疾患での死亡率が5倍と判明
http://www.gizmodo.jp/2016/08/apollo-astronauts-are-five-times-more-likely-to-die-of-heart-problems.html

Solar System Exploration project

<惑星探査機>
○太陽
・STEREO
2機一組の観測衛星を使用して太陽を立体視し、太陽表面で発生するフレアやコロナ質量放出の3次元構造を
明らかにすることを目的にしている。
・ACE
・パーカーソーラープローブ 600万キロ

○月探査
SELENEかぐや 終了している
http://www.jaxa.jp/countdown/f13/overview_kaguya_j.html

Google Lunar XPRIZE
各チームは、2017年12月31日までに打ち上げを実施、着陸機を月面に着陸させ、搭載してきた探査車で月面を500m以上走行し、HD画質の映像・静止画を地球に送信しなければなりません。
日本から唯一参加しているチーム「HAKUTO」の打ち上げ日が、2017年12月28日に決定した。

氷?

○火星探査

氷?


○ケンタウリ探査
StarShot

Space Immigration plan

<入植計画>
○月入植
○火星入植
火星に入植するうえで鍵となる10種の先端技術は何か?
2016年03月14日

 科学技術の進歩は止まらない。今後数十年内での有人火星飛行計画が進んでいる今、その進歩が止まっては困るのだ。NASAではその日を2030年代初頭と定めている。しかし、無事火星に到達するまでに完成させなければならない鍵となる技術がいくつか存在する。 海外サイトに
○イーロン・マスク「火星旅行のチケットはいずれ10万ドルを切る」
9月27日に行われた国際宇宙会議で、SpaceX創業者のイーロン・マスクが「人類火星移住計画」を発表。人類が進む道は地球に残って絶滅するか、多惑星種になるかの2択だと説き、具体的なテクノロジーを紹介しました。
○入植できる場所について

・150日が最大
□今のところ、宇宙線のおかげで人類の地球低軌道外での行動は150日5ヶ月が限界
参考:恒常的に長期の連続潜航を行う原潜は、核ミサイル搭載の戦略原潜ですが、
現在の連続任務日数は約3ヶ月(90日)です。これは艦の問題より乗員の健康・精神的問題です。

Space Travel

<宇宙旅行>
○宇宙旅行
・バルーン30km
・SpaceX
・ボーイングのスターライナーCST-100
○火星旅行
・オリオン NASA
・ドラゴン SpaceX
○宇宙ホテル
ビゲロウ

○宇宙ステーション

Space related knowledge

Height and Gravity

Warp

Artificial gravity

VR simulator

<宇宙の知識>
○高度と重力
・カーマンライン
・大気にはじかれた
・ワープ
・宇宙地図
・イカロス、セイル、
・無重力シミュレータ
・VRシミュレータ
・アルファ・ケンタウリシミュレータ

Telescope

・望遠鏡いろいろ
ALMA,ジェームズウェブ望遠鏡、ハッブル現状

Space History

・探査機の歴史
・ロケットの歴史
・宇宙ステーションの歴史
・宇宙エレベータ
・発射場と赤道
・地球の軌道

Alpha Centauri and Proximity

◎ケンタウルス座アルファ星
○アルファケンタウリA
○アルファケンタウリB
○プロキシマ・ケンタウリ
第2伴星(C星)はプロキシマとしても知られており、距離は4.22光年。プロキシマの名称は、ラテン語で
「最も近い」という意味であり、太陽系に最も近い恒星であることから来ている。
○プロキシマb 惑星のこと

Planet Knowledge

○M型矮星よりG型矮星
2015年2月 生命居住可能な惑星を探すなら、M型矮星よりG型矮星?

NASAから予告されていた発表は、TRAPPIST-1で7つの系外惑星を発見したというものだった。 というわけで、ちょっと関連記事とかをまとめてみる。 自分が過去にブクマした記事を並べているだけなので、過去の系外惑星発見ニュースの完全なリストではない 2015年1月 ケプラーによりハビタブルゾーン内の惑星発見 ハビタブ...
○主系列星
O型 – B型 – A型 – F型 – G型 – K型 – M型
○チャンドラセカール限界
太陽のおよそ1.44倍以上の質量を持つ白色矮星は存在しない。
○ウィーン‐の‐へんいそく〔‐ヘンヰソク〕【ウィーンの変位則】
1893年にドイツの物理学者ウィーンが発見した、黒体からの熱放射(黒体放射)に関する法則。
○Earth Similarity Index(地球類似性指標)
○SDSS-IV project:

New technologies

<新技術動向>
・人工重力
・▽火星 磁場シールド
2017年03月08日 20時00分00秒
宇宙船を使って火星のまわりに「磁場シールド」を作り出して火星を地球のように住みやすい環
境に変える方法
http://gigazine.net/news/20170308-make-mars-habitable/

○人工流れ星

●デブリ除去
こうのとり テザー
接着剤

Additional Knowledge

<その他>
・偵察衛星の現状
・NASA、ヨーロッパ、JAXA、
・国連ウィーン
・大航海時代地図
・NY植民

Food in Space

<食事>
●宇宙食
○冷凍食品
○炭酸、ビール

Astronaut

<教育>
○宇宙飛行士紹介
・山崎
○NASAスペースキャンプ

Animation about Space

○ヤマト
○ウルトラマン

Other Stories

<話>
・スペースマウンテン
・SF話
・大学
・アンリアル、シミュレータエンジン
・水泳
・宇宙への条件
□寒さ耐性、寂しさ耐性、放射線対策の3点は必須
□一生分の酸素と食料
□たっぷりの水と、「地球上の何もかもから逃げ出したい!」という願望

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする